星野マリエのスピーチ

大学に勤務中。産休育休中。仕事、キャリア、出産子育て、趣味を中心に書きます。 大学、教育、大学職員、転職、就活、キャリア、社会学、勉強、SNS、音楽、読書、カメラ。 //上級SNSエキスパート、PRプランナー補//CDA勉強中//好きなものは好きでいいじゃん。

『日本再興戦略』落合陽一、今後の教育を考える時におすすめな一冊です。

今何かと話題(だと思う)の、筑波大学学長補佐の落合陽一氏。Twitterアカウントをフォローしているが、考え方が面白い方だと思う。より詳しくその考え方を知りたいと思ったので、本屋さんで目に付いた1冊『日本再興戦略』を購入してみた。

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

 

結論から言うと、教育関係の仕事に従事している人は一読してみても良い本だと思う。どの章も要は「これまでの常識を疑って、新しい仕組みを作っていくべき」「技術がすぐにアップデートされるこれからの時代は、頭で考えてばかりではなく、行動したり手を動かすべき」ということが一貫して書かれているのだが、研究者、経営者、アーティストという3つのわらじを掛け持ちしている落合氏ならではの、多方面から見た視点で日本の過去と未来が論じられていて、教育や日本社会のこれからを考える上で参考になる。

 

ざっくりとまとめると、下記の通り。

  • 日本は「欧米」に学ぼうとしてきたが、「欧米」は幻想。欧州と米国はかなり違うし、デジタル技術が発展するこれからの時代は西洋の二項対立的・一神教的思考法ではなく、東洋の複数のものを折衷できる思考法が役に立つ。
  • これまでの大量生産、大量消費社会に合う教育方法は、これからの時代役に立たない。一人ひとりを型にはめない教育方法が必要。
  • これからは研究者も自分で稼ぐ仕組みが必要。研究者自らが起業して、得た利益から自分の給料や研究費を賄うモデルがいいのではないか。
  • 日本は人口減少社会に向かうが、デジタル技術やロボット技術など、テクノロジーを使うことによって生産性を上げたり、より住みやすい社会にすることが可能。
  • これからの時代は1つの職業に従事する旧来のスタイルではなく、一人の人が「百姓」的に複数の仕事をするスタイルになっていく。
  • 新しい時代に磨くべき能力は、「ポートフォリオマネジメント(複数の職業をもち、コストと利益のバランスを取る)」と「金融的投資能力(何に張るべきか)」。幼少期から五感を使い、子供が好きに能力を伸ばせるような各個人に合わせた教育や、センター試験の廃止、大学における研究とその支援が必要では。

 

今、政府も世論も産業界も、「大学改革」が必要という論調だ。じゃあどんな風に大学を変えていけばいいのか?これは大学に関わる私たち職員も、日本社会の今後について見通しを立てながら、自分なりの意見を持っていなければならないのだと思う。

 

まだまだ私自身も考えているところで、参考になる本はどんどん読んでいきたいし、自大学での仕事に活かしていけたらと思う。

目立つことをやっていることが実績なのか?

実績ってなんだろう、と最近すごく考える。

何かのリーダーだったり、講演だったり、表舞台に立って目立つことを沢山やっている人が「実績のある人」なんだろうか?

 

個人的にそれは違うと思っている。

実績は他者評価も含まれるから、一見すると目立つことをやっている人は実績があるように見える。でも、地道なことを嫌がらずにやれるかどうか、その積み重ねができるかどうか。そこが大事な部分なのではないだろうか。非常に抽象的な話になってしまうけど、地道なことを積み重ねた先に、何かを決断したり、何かを作り出したり、誰かのためになったりして、実績というものができてくるのだと思う。

 

例えば広報という分野は特効薬がない。これをやれば必ずヒットする、という手法はない。地道に学内や社内の情報収集をして、世の中に求められている情報をピックアップし、プレスリリースを書いたり、自社媒体に掲載したりすることで、少しずつ認知度が上がったり、ヒットしたりする。辛抱強く情報収集の仕組みを作って(これがすごく大変)、リリースを書いて、自分たちのメディアを作って、少しでも世の中に自分たちの良さが伝わる工夫を重ねる。そういうことをできた人が、とある大学や商品が世の中に正しく伝えることができて、実績を残していくのだ。

 

地道にやってきたことははたぶん35を過ぎてから、自分に跳ね返ってくるのかなという気がしている。地道にやってきたからこそ言えることがあって、できることがあって、アラフォーになった時にそれは話す内容、思考、行動に滲み出てくる。

 

「あー、言うことになんか重みがあるなあ、的を射ているなあと思う人」は、日々の積み重ねをきちんとしてきた人なのだろうと思う。

 

いきなり凄い人になった人も、いきなり何かを話せるようになる人も、いきなり何かをできるようになった人も、存在しない。全ては今やっていることの積み重ね。

 

「知れば知るほど深みがあっておもしろい人」になりたいから、私も日々の積み重ねを大事にせねば、と改めて思うのでした。

「死ぬまでにやりたい100のこと」をリストアップすると、毎日が少し楽しくなると思います。

今日はちょっと大学関係の話題から離れて、日々の暮らしの話をしたいと思う。

 

約2年前から「Bucket List」というものを作っている。いわゆる、「死ぬまでにやりたいことリスト」である。社会人になると仕事やら日々の生活の雑事やらで何かと忙しく、毎日があっという間に過ぎていく。気づけば年度末、みたいなことを繰り返す。そんな中で、自分が何事も成し遂げられないまま人生が終わってしまう危機感を感じ、やりたいことを100個リストアップすることにした。

 

Bucket Listに書く「やりたいこと」の中身は、大きな夢でも、小さな希望でも構わない。自分のキャリアに関することから趣味まで、とにかくやってみたいことを、気の向くままに書き出す。で、意外とこれを100個書き出すのは難しかったりする。最初の30個くらいはすらすらと書けるのだが、50個目に差し掛かるとなかなか書きづらくなってくる。やりたいと思って忘れていたことを必死に思い出し、私の場合は1週間ほどかかってリストが完成した。

 

全部は見せられないけれど、私が書いたBucket Listの一部はこんな感じ。

・4人家族を作り、楽しく暮らす

・ロンドンに行く

・CDAの資格を取る

・イルカと泳ぐ

・メイクを楽しむ

・美味しいインドカレーを食べる

・漫画を100冊読む              

星野源のLiveに行く

・都内を運転できるようになる         …etc

 

夢は人に言うと叶うという。それはおまじないではなく、多分人に話すことでやりたいことが言語化され、明確になって意識するようになるから、叶うんだと思う。やりたいことがあっても忘れたらやらないし、日々意識をすることで、実現に近づけることができる。何か良いチャンスが来た時にすぐにものにすることができるのだ。

 

もちろん、日々生活する中でやりたいことは変わるし、リストアップした100個の「やりたいこと」は随時アップデートすればいいと思う。現に私も、今手元にあるBucket ListはVer.2だ。

 

今度はあれをやろう、次はあれをどんな風に進めよう。やりたいことを考えるのは楽しい。やれたことがあると達成感も感じることができる。毎日が少し楽しくなるので、なんとなく停滞感を感じている人はBucket Listを作ってみるといいと思う。

 

 (ちなみに、ステマっぽいけど死ぬまでにやりたいことを考えるなら、この映画がオススメです↓)

最高の人生の見つけ方 (字幕版)
 
最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]

最高の人生の見つけ方 [Blu-ray]

 

 

 

【読書記録】『ウドウロク』有働由美子〜ちょっと疲れた時に読みたいエッセイ

NHKアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍されている有働由美子さんのエッセイ『ウドウロク』。仕事に悩んだり、忙しい毎日に疲れた時、読んで元気をもらえる1冊だ。

 

ウドウロク (新潮文庫)

ウドウロク (新潮文庫)

 

 

タイトルの『ウドウロク』。逆から読むと「クロウドウ(黒有働)」。そのタイトルの通り、有働さんの日常や思考をエッセイの中で辿りながら、腹黒かったりとてもピュアだったりする有働さんの様々な側面を垣間見ることができる。

 

有働さんってNHKのNY支局で働いていたこともあって、英語がネイティブ並みにペラペラなイメージを持っていたけれど、あの英語力は現地で必死にもがく中で手に入れたものであることが書かれていて驚いた。どうせ自分は選ばれないだろうからと、社内のキャリアプランシートに少し盛って書いた英語力が認められ、NYに行くことになってしまったのだ。そんな有働さんだけど、周りが思うほど英語ができないことや仕事についていくために努力していることを人に知られないようにしたい謎の美意識をお持ち。そのために陰でこっそり、でもあたふたしながら努力をされている姿は、完璧な人っていないんだなあと安心するエピソードだった。

 

本書には有働さんの恋愛観や家族観に関する文章も幾つか収録されている。有働さん、チャキチャキ仕事をこなすデキるキャリアウーマンに見えて、実は”だめんずウォーカー”な一面もあったり、母の前では「甘えている子供」な一面もあったり。一人の人間には自分の知っている「その人」だけではない、自分の見えていない部分にもいろいろな「その人」がいるよなあということを改めて考えさせられる。

 

あの楽しそうに仕事をしている有働さんでも仕事に行きたくない日はあって、恋愛に結婚に悩む日もあって。そういう有働さんの姿に、自分の悩む姿も悪くないと思える。

 

エッセイって食わず嫌いだったけれど、エッセイを読む時間というのは、誰かの生きる姿勢、思考、日常の跡を辿ることで自分を見つめる時間がもらえる贅沢な時間なのかもしれない。

考える癖をつけてくれた上司に感謝しかない。

新卒で今勤めている大学に入った頃、入試関係の部署に配属された。今年で働き始めて約5年。今思うと、そこで出会った上司には本当に感謝しかない。働くことがまだよくわかっていなかった私に、何事においても必ず自分で考える癖をつけてくれたからだ。

 

大学という組織しか知らないが、この職場は比較的ルーティンも多いと思う。少子化に起因する斜陽産業ではあるけれど、激しく変化する市場環境ではないため、前例踏襲で仕事をしてもわりとなんとかなってしまう(数年間は)。思考停止でもそこそこ仕事は進められてしまうのだ。

 

配属された当時、私は仕事に関して上司の意見・話をただ聞いてその通りやることが"相談する"ことだと勘違いしていた。私の勘違いを見抜いていた上司は、「星野はどう思う?」「どうしてこういう仕事をすると思う?」「どうしたらより良い仕事ができると思う?」と事あるごとに質問をしてくれた。そのおかげでどんな仕事に対しても、その背景を考えたり、自分の意見やアイディアを考えたり、より良いやり方を考えることが大切だと気づくことができ、考える癖を身に付けることができた。

 

仕事は、しようと思えば思考停止がいくらでもできる。単に作業として目の前のことを前年踏襲で進めていけば良い。

 

でも、それでは勤めている大学に対してより良い仕事ができないと私は思う。市場環境の変化は劇的ではないものの、それでも数年前からは大学を取り巻く環境は変化している。その時代、その時々にあった仕事のやり方があるはずである。また、私の携わっている広報という分野では、大学の何を誰にどう伝えるかを工夫することが大学としても今の時代は求められている。思考停止では仕事ができない。

 

その上司とはおよそ1年半、一緒に仕事をさせてもらったが、今でもあの1年半に言われたこと、教えてもらったことは私の基礎になっていると思う。

 

大事な基礎をこれからも意識しながら、仕事をしていきたい。

大学職員には『働くママ』のロールモデルがいる。

先日、義母にこんなことを言われた。

「自分は専業主婦の家庭で育っているのに、また仕事に復帰しようと(保活を)頑張っていて偉いわねえ。私なら6ヶ月も休んだら仕事を辞めちゃうと思うわ。」

 

実は私も大学時代、専業主婦になりたかった。仕事とはどういうものか、自分が仕事をしたらどんな風に働けるのかが分かっていなかったからだと思う。 いずれ就職しても、出産を機にやめたい気持ちが心のどこかにあった。

 

だから、私の就職活動は迷走した。やってみたいこととライフプランの相違が激しくて、それを見抜かれていたからどこからもなかなか内定がもらえなかった。いろんな業界をさまよって、結果として大学職員に落ち着いて、今がある。専業主婦になりたかったからこそ、今思えばベンチャー企業などでインターンをやった方が良かったのだと思う。仕事とは、働くとは、ということを体感した方が私にとっては就活時に最良の選択ができたに違いない。

 

そんな私だが、約4年ほど大学職員として働いてみて、今は全く違う考えを持っている。仕事を辞めるよりも、「仕事を続けたい」と思う。

 

考え方が変わった背景には、大学という職場に「働くママ」が多いということがある。先輩や上司が子供を育てながら、仕事もバリバリこなしている。そんな姿を見て、子育てと仕事の両立が自分自身もイメージしやすくなった。子供の体調不良で急遽休まねばならない日があること、お迎えの時間があるからこそ効率よく仕事を片付ける必要があること(それが上手くなってくること)、日々大変だけど保育園の行事で子供が成長した姿を見るのは楽しそうなこと…などなど。

 

子育て中だからといって、大学という職場では軽い業務を振られるわけではない。働くママでも教務や入試、キャリア、法人企画など、忙しい部署で責任ある仕事を任されて働いている人はたくさんいる。面白く仕事をしながら、子育てをしてもいいのだ。

 

これからの日本社会のことを考えても、働いていた方がいいなと思う。年金はゆとり世代はもうもらえないと思うし、世界情勢も何だか怪しげだし、パートナーのそんなに高くない収入だけでは一昔前よりも上がっている娘の学費を払いきれないし。パートナーだけでなく私も働いてダブルインカムでいることが、あらゆるリスクヘッジになる。

 

娘と私の関係にとっても、私が働き続けることは悪影響ではないように思う。色々考えすぎてしまう性格だからこそ、専業主婦として家にいたら、娘に過干渉になってしまう気がする。重すぎる愛情は子供に良い影響を与えない。

 

無事に保育園に入ることができ、仕事に復帰できたら。私が先輩や上司から影響を受けたように、私自身の働き方も後輩や誰かのロールモデルになれたらいいなと思う。「子供がいてもこうやって働けばいいのか、こうやって働けるのか。」誰かの背中を少しでも押すことができたら嬉しい。

 

ルンバ680のコスパが良い。

先日ついにルンバを購入した。

私が買ったのはルンバ680。

 

 ルンバの最新機種は10万円近くするのに、ルンバ600シリーズなら4万円しないで入手できる。アプリと連携した遠隔操作はできないが、掃除の予約は本体でできるし、そもそも掃除の予約機能を使わなくても問題がない。出かける直前に床の上の物をどかして、ルンバを起動させれば掃除をしてもらえるからだ。

 

掃除機の吸引力も良い。3部屋ある我が家の各部屋を何度か掃除しに回ってくれて、ほこりや髪の毛などを「え!こんなにあったの!」というほどかき集めてくれる。毎回1時間みっちり掃除をしてもらうが、ルンバはダストケースをいっぱいにして帰ってくる。

 

音も普通の掃除機ほどうるさくないので、賃貸マンションでも気にせず使うことができている。

 

もともとは「ルンバ=値段が高い」という先入観で、ルンバではなく掃除の補助としてブラーバを買う予定だったのだが、調べてみると意外とコスパが悪かった。ブラーバにつける床ふきシートは市販のものだと装着に一手間かかるし(ブラーバのサイズに合わないので装着に工夫が必要)、専用の床ふきシートは高い。ブラーバとほぼ同じ値段で買えるなら、手間なくボタンひとつで掃除機をかけてくれるルンバを買った方が断然便利だと思う。

 

娘が生まれ、喘息などにならぬよう毎日掃除機をかけたいけれど、日中は娘から目が離せず掃除機をかけづらい。ルンバを買ってからは、娘とお散歩に出ている間にルンバが掃除機をかけてくれるので、掃除へのストレスがかなり減った。

 

子育て家庭にゆとりをもたらしてくれるルンバ、素晴らしすぎる。ルンバ様様である。